ホーム業務用呼気アルコール検知器製品一覧 › ALCGuardianNEXT

業務用呼気アルコール検知器

呼気アルコール検知システム 「ALCGuardianNEXT」

ALCGuardianNEXT

› 使用方法動画はこちら   › カタログはこちら

Guardian(ガーディアン)とは、英語で「番人」、「守り神」と意味する言葉です。

呼気アルコール検知システム「ALCGuardianNEXT」は、呼気アルコール検知器「ST-3000」と連動させ、測定結果をデータとして管理することができるアプリケーションソフトおよびカメラを含むシステム機器です。

PCでデータ管理

測定を行うと、出・中・帰、測定者名、測定値、日時、測定写真が表示されデータとして蓄積されます。帳票として印刷することもでき、紙ベースでの管理も容易に行えます。
測定結果は一か月ごとにフォルダが自動作成されるので、乗務員別、日時別など必要に応じて簡単に閲覧・印刷することができます。
データはCSV形式で、エクセルなど他のアプリケーションで活用することもできます。

イメージ

写真撮影機能

顔写真撮影を行い、データとして保存します。
本人確認に繋がります。

システムアップ可能

ソフトは後付け可能なため、ご使用状況に合わせたタイミングで導入頂くことができます。ALCGuardianNEXTは複数事業所一元管理ALCGuardianSV、テレビ電話機能のついたIT点呼対応ALCGuardianNetなどへのアップグレードも可能です。

イメージ

便利なオプション品
  • 免許証リーダーIC免許証リーダー
    測定者の免許証情報を予め登録することで、リーダーにかざすだけで自動的に認識・測定を開始します。免許証情報も表示・記録され、点呼時の確認代わりになり、不携帯での乗車や無免許運転等も防ぐことができます。

    対応OS:Windows® 10 (64-bit) まで

    ※Windows は米国 Microsoft Corporation の米国およびその他の国における登録商標です。
ALCGuardianNEXT対応スペック
OS Microsoft® Windows®7(管理者権限でのみ使用可能)/
Microsoft® Windows® 8(管理者権限でのみ使用可能)/
Microsoft® Windows® 8.1(管理者権限でのみ使用可能)/
Microsoft® Windows®10(管理者権限でのみ使用可能)
CPU Intel® Core™ i3以上
メモリ 4GB以上
HDD(空き容量) 1GB以上
(データ保存数に依存します)
外部ポート USB2.0ポート※4口必要
(カメラ、検知器、テンキー、IC免許証リーダー使用の場合)
CDROMドライブ 必要
ディスプレイ 解像度1024×768以上
オーディオデバイス 必要
回線速度 -
その他 メール送信機能を利用するには.NET Framework 3.5必要
呼気アルコール検知システム「ALCGuardianNEXT」の使い方
  1. 検知器およびALCGuardianNEXTが起動した状態で測定を開始します。
    ALCGuardianNEXTのメッセージ欄が「測定準備完了」となってることを確認します。
  2. テンキー入力の場合は番号を入力、IC免許証認証の場合はIC免許証リーダーに免許証をかざしてください。
    登録された名前およびメッセージ欄に「測定中」と表示後、測定可能です。
  3. 検知器に5秒間、息を吹きかけます。
  4. 測定値が表示され、測定終了です。

タブに戻る