ホーム業務用呼気アルコール検知器製品一覧 › ALCGuardianSV

業務用呼気アルコール検知器

呼気アルコール検知システム 「ALCGuardianSV」

ALCGuardianSV

Guardian(ガーディアン)とは、英語で「番人」、「守り神」と意味する言葉です。

ALCGuardianSVは、メインとなる管理拠点から各事業拠点の端末を連動させることができ、測定データの集計や閲覧が可能なネットワークシステムです。

データの連動

連携イメージ

メインとなる管理拠点から各事業拠点の端末を連動させることで、離れた事業拠点の測定データとなり、本社での一括管理などに適しています。

システムアップ可能

ソフトは後付け可能なため、ご使用状況に合わせたタイミングで導入頂くことができます。ALCGuardianSVは、テレビ電話機能のついたIT点呼対応ALCGuardianNetへのアップグレードも可能です。

イメージ

便利なオプション品
  • 点呼用パトライト
    各事業拠点から管理拠点に対して、IT点呼の呼び出しがあった際に光とブザーでお知らせします。
    点呼用パトライト
  • 免許証リーダーIC免許証リーダー
    測定者の免許証情報を予め登録することで、リーダーにかざすだけで自動的に認識・測定を開始します。免許証情報も表示・記録され、点呼時の確認代わりになり、不携帯での乗車や無免許運転等も防ぐことができます。

    対応OS:Windows® 10 (64-bit) まで

    ※Windows は米国 Microsoft Corporation の米国およびその他の国における登録商標です。
ALCGuardian対応スペック
OS Microsoft® Windows®7(管理者権限でのみ使用可能)/
Microsoft® Windows® 8(管理者権限でのみ使用可能)/
Microsoft® Windows® 8.1(管理者権限でのみ使用可能)
CPU Intel® Celeron® 2.3GHz(マルチコア)以上
メモリ 2GB以上
HDD(空き容量) 1GB以上
(データ保存数に依存します)
外部ポート USB2.0ポート※1口必要
(パトライト使用の場合)
CDROMドライブ 必要
ディスプレイ 解像度1024×768以上
オーディオデバイス -
回線速度 -
その他 ※ALCGuardianが導入されているPCと
LANもしくはVPNによりネットワーク接続ができること

タブに戻る