ホーム › アルコール豆知識【飲酒の基礎知識】

アルコール豆知識

飲酒の基礎知識

お酒を飲むとなぜ酔うのか

酔っぱらい血液に入ったアルコールは循環されて脳に到達します。すると、アルコールが脳の神経細胞に作用して麻痺させ、その結果として酔った状態になります。

飲んだお酒は体の中でどうなるのか

  1. 口から入ったアルコールは胃から約20%、小腸から約80%が吸収されます。そして血液に入り、全身にいきわたります。
  2. 体内に入ったアルコールの大部分が肝臓で代謝されます。肝臓ではアルコールはアセトアルデヒドを経てアセテート(酢酸)に分解されます。
  3. アセテート(酢酸)は血液によって全身をめぐり、筋肉や脂肪組織などで水と二酸化炭素に分解されて体外に排出されます。
  4. 摂取されたアルコールの2~10%が、そのままのかたちで呼気、汗、尿として排泄されます。

覚えておきたいお酒の1単位

アルコール摂取量の基準とされるお酒の1単位とは、純アルコールに換算して20gです。
この1単位を各種アルコール飲料に換算すると、ビールは中びん1本(500ml)、日本酒は1合(180ml)、ウイスキーはダブル1杯(60ml)、焼酎0.6合(110ml)が目安となります。

アルコール1単位=純アルコール20gを含む酒量
ビール
中びん1本
500ml
日本酒
1合
180ml
焼酎
0.6合
約110ml
ウイスキー
ダブル1杯
60ml
ワイン
1/4本
約180ml
缶チューハイ
1.5缶
約520ml
ビール 日本酒 焼酎 ウイスキー ワイン 缶チューハイ
ALC.5% ALC.15% ALC.25% ALC.43% ALC.14% ALC.5%
アルコール量の計算式
お酒の量(ml)×[アルコール度数(%)÷100]×0.8
例)ビール中びん1本 500×[5÷100]×0.8=20

酔いがさめるまでの時間

ビール体内でのアルコールは体重1kgにつき、1時間に約0.1g処理されます。
体重約60kgの人が1単位のお酒を飲んだ場合、アルコールは約3~4時間体内にとどまります。2単位の場合ではアルコールが体内から消失するまで約6~7時間かかります。これには個人差があるため、体質的にお酒に弱い人や女性はもっと長い時間がかかります。
多量の飲酒や深夜までの飲酒は、翌朝起床後も体内にアルコールが残ってしまいます。

アルコール血中濃度と酔いの状態

アルコール血中濃度と酔いの状態
  血中濃度(%) 酒量 酔いの状態
爽快期 0.02~0.04 ビール中びん(~1本)
日本酒(~1合)
ウイスキー・シングル(~2杯)
  • さわやかな気分になる
  • 皮膚が赤くなる
  • 陽気になる
  • 判断力が少しにぶる
ほろ酔い期 0.05~0.10 ビール中びん(1~2本)
日本酒(1~2合)
ウイスキー・シングル(3杯)
  • ほろ酔い気分になる
  • 手の動きが活発になる
  • 抑制がとれる(理性が失われる)
  • 体温が上がる
  • 脈が速くなる
酩酊初期 0.11~0.15 ビール中びん(3本)
日本酒(3合)
ウイスキー・ダブル(3杯)
  • 気が大きくなる
  • 大声でがなりたてる
  • 怒りっぽくなる
  • 立てばふらつく
酩酊期 0.16~0.30 ビール中びん(4~6本)
日本酒(4~6合)
ウイスキー・ダブル(5杯)
  • 千鳥足になる
  • 何度も同じことをしゃべる
  • 呼吸が速くなる
  • 吐き気・おう吐がおこる
泥酔期 0.31~0.40 ビール中びん(7~10本)
日本酒(7合~1升)
ウイスキー・ボトル(1本)
  • まともに立てない
  • 意識がはっきりしない
  • 言語がめちゃめちゃになる
昏睡期 0.41~0.50 ビール中びん(10本超)
日本酒(1升超)
ウイスキー・ボトル(1本超)
  • ゆり動かしても起きない
  • 大小便はたれ流しになる
  • 呼吸はゆっくりと深い
  • 死亡

※参考資料:社団法人アルコール健康医学協会 http://www.arukenkyo.or.jp/

飲酒運転防止のために →