ブログ-アルコログ

2021.10.11

アルコールの「1ドリンク」と体質

こんにちは。サンコーテクノの大戸です。

今回は、アルコールの「1ドリンク」と体質、飲酒してからどのような過程で分解され、アルコールが体内から何時間くらいで抜けるのかをお伝えします。

目次

1.お酒の強さは、肝臓の強い、弱いで決まる?

2.日本人の約4割はお酒に弱い!?

3.肝臓によるアルコール処理プロセス

4.お酒が抜けるには何時間必要?

5.純アルコールを20g(1単位)含む種類

6.飲めば飲むほど時間が必要

7.アルコール検知器を使った飲酒実験

8.「薄くしたから大丈夫!」はほんと?

9.お酒の自己管理に役立ちます

1.お酒の強さは、肝臓の強い、弱いで決まる?

お酒の強さは肝臓などにある酵素の働き具合で決まります。

2.日本人の約4割はお酒に弱い!?

日本人やアジア諸国のモンゴロイド系の人々は、お酒に弱いと言われています。約44%の人は本来お酒が飲めない体質です。ヨーロッパ、アフリカ系の人々はお酒が飲めない人はいないようです。

体内に入ったアルコールは、アセトアルデヒドになります。アセトアルデヒドを分解する酵素「ALDH2」の活性が強い人、弱い人、まったくない人の3タイプに分かれます。

弱い人でも飲酒習慣が継続することにより、多く飲酒出来るようになった人もいると思いますが、酵素の活性は弱いため、本当は弱い人です。このタイプの人は無理な飲酒は控えましょう。

3.肝臓によるアルコール処理プロセス

ADH:アルコール脱水素酵素(アルコールをアセトアルデヒドに代謝分解する)

ALDH2:アセトアルデヒド脱水素酵素(アセトアルデヒドを酢酸に分解代謝する)

4.お酒が抜けるには何時間必要?

しかし・・・

5.純アルコールを20g(1単位)含む酒類

~純アルコールを20g含む酒類~

あなたがよく飲むお酒はどれですか?

6.飲めば飲むほど時間が必要

~抜けたつもりが実は…~

※性別・年齢による違い、体重による違い、その日の体調による違い等によりアルコールが抜ける時間は大きく変わりますが、一般的には1単位4時間と言われています。
7.アルコール検知器を使った飲酒実験
~4時間かかるのか?~
8.「薄くしたから大丈夫!」はほんと?
~入れたお酒の量を意識しましょう~

どちらも同じ量のお酒が入っているのでアルコール量に変化はありません!

9.お酒の自己管理に役立ちます

~昨日、どれだけ飲んだかな?~

如何でしたでしょうか。今回お伝えしたかったことは2点あります。

1.お酒を分解する酵素の強さによる違い

2.1単位は4時間であり、単位が増えればお酒が抜けるまでの時間も2倍、3倍と増加します。たくさん飲んでも8時間睡眠すればお酒が抜けると思っていた人は大間違いです。翌日運転する機会があるときは、運転する時間から逆算して飲酒量の調整をしてください。

以上、皆様もお酒との付き合いが少しでも変われば幸いです。

お問い合わせ

サンコーテクノ株式会社
機能材CRM
〒270-0107
千葉県流山市西深井1028-14

Tel.04-7155-6300
Fax.04-7155-6325

To top