呼気アルコール検知器「ST-3000」

特長

まずはこの一台。

呼気を吹き込み、印字もできる業務用検知器。

正確な測定

システムアップ可能

ランニングコストが安い

正確な測定値

センサー方式に燃料電池式を採用

  • 呼気に含まれるアルコール以外のガスには反応しにくい。
  • 独自の技術により、検出スピードが早く、検知精度も高い。

システムアップ可能

ST-3000はシステムアップしても検知器本体は同じものを使用できますので検知器単体から「ALCGuardianNEXT」、一元管理「ALCGuardian SV」、IT点呼対応「ALCGuardian Net」などの後付けが可能です。点呼状況により導入後のシステムアップを行えるので無駄がなく、経済的です。また、外部機器との接続がBluetooth(無線)およびUSBケーブルにて行えるためタブレットやスマートフォンとの連動が可能です。

例えば・・・
検知器単体にALCGuardianNEXTを後付けしてパソコンやタブレット管理へ
さらにALCGuardianSV、Net導入でネットワーク管理へも発展可能です。

ランニングコストが安い

年に一度の定期メンテナンスで精度を保持するため、手間やランニングコストを抑えることができます。

センサーモジュールは1年(毎年)に1回、校正有効期限ごとに交換が必要となります。
(ただし、1年以内に測定回数が70,000回に達した場合、その時点でセンサーモジュールの交換が必要となりますのでご注意ください。)
センサーモジュール交換費用 ¥35,000(税抜)
※校正有効期限を超過した場合、本体点検整備が必要となります。この場合、センサーモジュール交換費用に本体点検整備費用を加算した¥77,000(税抜)をご請求させていただきますので、あらかじめご了承ください。

使い方

呼気アルコール検知器の使い方

  1. マウスピースを取り付けます。
  2. 勤務状態を入力します。(出庫・中間・帰庫)
  3. IDを入力します。
  4. 検知器に5秒間、息を吹きかけます。
  5. 測定結果が表示されます。

製品仕様

機器名

呼気アルコール検知器 ST-3000

形式

ST-3000

仕様

測定ガス 呼気アルコール濃度
検知方式 燃料電池式ガスセンサー
センサー寿命 出荷から1年経過または、70,000回測定した場合(どちらか早い方)
表示方式 LCD表示
呼気中アルコール濃度測定範囲 0.010mg/L~1000mg/L
0.050mg/L~1000mg/L
0.100mg/L~1000mg/L(設定モードで切替)
呼気中アルコール濃度最小表示 0.001mg/L
メモリー 1,000件
電源 入力AC100V 出力DC9V3A ACアダプタ
DC3V単1アルカリ乾電池(LR20)×4本(非常用)
使用温度範囲 5℃~35℃
保管温度範囲 0℃~40℃
検知器本体外形寸法 D175×W298×H248mm
重量 約1.8kg(電池を含まない)
主な材質 本器:ABS
センサーモジュール:ABS
マウスピース:PP
専用センサーキャップ:ABS
付属品 取扱説明書(本器用)
取扱説明書(センサーモジュール用)
保証書(本器用)
保証書(センサーモジュール用)
センサーモジュール
センサーモジュール固定用ネジ×2本
ACアダプタ
パソコン通信ケーブル(USB通信ケーブル)
専用マウスピース×10本
専用センサーキャップ
通信仕様 USB
Bluetooth2.1※1 通信距離30m※2
オプション サーマルプリンタ

※1.本器には、電波法の規制により工事設計承認を取得した無線設備が内臓されています。海外でご使用になると罰せられることがあるため、日本国内でご使用ください。
※2.電波環境や障害物の影響により前後します。

お気軽にお問い合わせください

お見積依頼、資料請求お問い合わせについてはこちらからどうぞ。

ご連絡はこちら
アルコール豆知識
アルコール検知器協議会
黒球式熱中症指数系 TT-562ST

事業別専門サイト

耐震補強事業 耐震補強.com

お問い合わせ

株式会社サンコーテクノ
機能材事業本部
〒270-0107
千葉県流山市西深井1028-14

Tel.04-7155-6300
Fax.04-7155-6325

To top